人気ブログランキング |

<   2017年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

スプリングコンサート 無事終了しました!


c0251868_15115706.jpg

一番近くて遠かった、兵庫県立芸術文化センター小ホールでのジョイントコンサートは、たくさんのお客様にご来場いただき、無事終了致しました。

演奏中は客席がかなり暗くなるので、真っ暗闇でひとりぼっちで歌っているような感覚に襲われ、時折不安の波が押し寄せて来ました。
ゲネプロからとても緊張して、スペイン歌曲を歌った最初の出番ではドレスの裾を踏んでコケそうになり、「ああ、相当浮き足立ってるんだなぁ〜」と自分でも笑ってしまうほど・・・
私が音楽を始めた頃からを知っている方達の前で演奏をする地元での本番は、「成長した姿を見せたい」という見栄が大きくなるのですが、現実にはそこまで飛躍した姿を見せることはできるはずもなく(笑)、「またガッカリさせてしまった」と思うことが多々あります。
それでも舞台へ上がると決めたなら、とりあえずできることをやるしかないし、失敗してお客様の残念そうなリアクションを見ることになっても、それはもう能力の無い者として受け止めるしかないな、と思いつつ、後半の出番へ向かいました。

ファウストのマルグリートのアリアは私にとっては長丁場の大曲で、全くキズなく、とはやはり行かず、特に最後の方は力んでしまったのが悔やまれますが、これまで長く取り組んできたことは出せたかな、うまくいかなかった所は今の私の実力だな、と思います。
そして私は舞台の上で決してひとりぼっちなどではなく、ピアニストの二塚さんがずっとぴったり寄り添って素敵な伴奏をして下さいました。
今回初めてご一緒しましたが、演奏中の対話がとても楽しく(そしてとても癒しキャラで、彼女がいてくれたから随分と本番前の緊張がほぐれました♡)この大曲を最後まで歌い切れたのは本当に彼女のおかげです。

終演後はたくさんのお客様から温かいお言葉をかけていただきました。
私がレセプショニストとして働いていた時の同期の方々(一緒にお写真も撮りましたが、彼女達は現役で働いていらっしゃるので私だけのコレクションに♪)、生徒さん達や、お手伝いしている合唱団の方々、いつも応援して下さるお客様、そして中・高等部のコーラス部の顧問の先生と、私のあまりの弾けないっぷりに本当にご迷惑をおかけした大学受験時のピアノの先生達は、もう実際には先生の元を離れて何年も経つのに、いつも必ずいらして下さって、宝物のような言葉をかけて下さいます。
皆さん、私の良い所も悪い所も全部含めて受け入れて応援して下さっているのだな、ということがとても伝わってきて、感謝の気持ちでいっぱいです。

他の出演者のピアノ、チェロ、ソプラノの方々は初めましてでしたが、皆さんそれぞれ思い入れのある曲をステキに演奏されている姿をモニターで拝見し、私も勇気をもらいましたし、とても気さくな方ばかりだったので、打ち上げでも楽しくお話させていただきました。
今回は共演はできなかったけれど、相変わらずおもちゃ箱をひっくり返したような色彩豊かな音色で演奏する、ドイツから来日していたMatthiasに久しぶりに再会できたこともとても嬉しかったです。
最後になりましたが、今回お声かけ下さった主催の新居靖子さん、そしてお手伝いして下さったスタッフの方々、ご来場いただきましたお客様に厚く御礼申し上げます。

写真上は終演後にピアニスト二塚さん、そして昨年末お世話になっているサロン・ドゥ・アヴェンヌさんでご縁をいただいて以来応援して下さっているステキなM先生ご夫妻の奥様と撮っていただいたもの、そして下は演奏後出演者全員でご挨拶をした時のものです。

c0251868_21085239.jpg










by liedereingang | 2017-03-29 21:17 | 終了した演奏会の記録

コレギウム・ヨハネス第12回演奏会無事終了しました!

c0251868_17413802.jpg















コレギウム・ヨハネスさんの第12回演奏会は、とても良いお天気にも恵まれ、たくさんのお客様にご来場いただき、大変盛会となりました!
バッハのカンタータ、ハイドンのシンフォニー、アカペラ作品、そして小オルガンミサという盛りだくさんのプログラムを、本来古典派のハイドンを含めてすべて古楽器で演奏するという大変意欲的な試みで、皆さん大変な熱演でした。
私は小オルガンミサのソプラノソロ、そして合唱部分もお手伝いさせていただきましたが、プログラムの最後の演目だったので、温まった客席を見て、良い流れを損なわないようにしなくては!と身の引き締まる思いでソロを歌い始めました。
今回はじめましてのオルガン・青木先生は、私が歌いやすいようにとテンポのことで色々試行錯誤して下さり、そのお気持ちが大変嬉しく、本番ではそのオルガンとの掛け合いを楽しませていただきました。
上の写真はちょうどソロを歌わせていただいている時のものです。

コレギウム・ヨハネスさんは、前回ご一緒した時とはメンバーがずいぶん入れ替わっておられたものの、お久しぶりの方もはじめましての方も本当に人柄の素晴らしい皆さんで、今回もとても楽しく、居心地良く演奏させていただきました。
打ち上げの際にはすでに次回、夏の演奏会についてのお話をされていたので、今後も益々精力的にご活動されることを、陰ながら応援しております!

c0251868_17464130.jpg
こちらのお写真は、小オルガンミサ出番直前にいつも応援して下さっているMさんと撮ったもの。
彼女が私をコレギウム・ヨハネスさんにご紹介下さったことがきっかけで、前回、そして今回とこのご縁をいただきました。
そして彼女自身も今回、バッハ・カンタータのソプラノ・ソロをとっても立派につとめ上げました!!
私がジャケットの襟につけているコサージュは、「せっかくソロなんだし、ちょっと華やかにしようよ〜」と彼女が貸して下さったもの。
いつも優しく、愛情あふれるMさんが大好きです♡

最後になりましたが、今回もお声かけ下さったコレギウム・ヨハネス代表の柴田さんを始め、メンバーの皆さま、そしてご来場下さったお客様に厚く御礼申し上げます。





by liedereingang | 2017-03-21 17:47 | 終了した演奏会の記録

3月26日スプリングコンサートに出演します

c0251868_2340120.jpg
コレギウム・ヨハネスさんの演奏会翌週はこちらのコンサートに出演します。
私がドイツへ留学していた頃、リューベック音大で習っていたコレペティの先生Matthias Veit氏をゲストに迎え、ピアノ、声楽そしてチェロという多彩なプログラムでお送りいたします。

私はスペイン歌曲を2曲、そしてグノーのオペラ「ファウスト」よりマルグリートのアリアを歌います。
マルグリートのアリアは、あまり普段演奏されないバラード「トゥーレの王」から始めて、有名な「宝石の歌」まで約10分間の大曲ですが、本当に大好きな曲なので、最後までスタミナ切れすることなく歌うことが目標です。
初めてご一緒するピアニストの二塚裕美さんは、数年前に日本で行われたMatthiasの公開レッスンを通して知り合い、その時からとても素敵な演奏をされる方だと思っていたのですが、今回お声かけしたところ快諾して下さいました!
先日初めて合わせをしたのですが、とてもとても歌いやすく、そして美しい音色で、本番ご一緒するのが楽しみ♡

そして今回の会場、芸文センターはドイツから帰国してしばらく実家で暮らしていた頃、レセプショニストとして働いたことがある元職場。
けれども演奏者として舞台側には行けたことがなくて、近くてものすごく遠いホールでした。
再び上京してますます遠ざかっていた頃に今回のお話をいただき、夢は忘れた頃に叶うものなんだなぁ〜とつくづく感じます。
レセとして働いていた頃、どんな些細な音も拾ってしまうあまりの音響の良さのため、扉の開閉を始めすべての所作を息を殺して行っていた(笑)神戸女学院小ホール、舞台から見る景色はどんなものなのか、きっとものすごく緊張すると思いますがとても楽しみです。

地元のホールでのコンサートなので、是非たくさんの方にお聴きいただければ、と思っております。
チケットのお問い合わせは下記の山口和子宛てアドレスへお願い致します。
liedereingang@yahoo.co.jp










by liedereingang | 2017-03-10 23:40 | 演奏会のご案内

3月19日コレギウム・ヨハネス第12回演奏会に出演します

c0251868_21545368.jpg
2013年秋にヘンデルの宗教曲ソリストとして呼んでいただいた、主にバロック時代の作品を取り上げて演奏活動をされているアマチュアの合奏・合唱団「コレギウム・ヨハネス」さんの第12回演奏会に出演致します。
一度共演した団体にまたお声かけいただくことは本当に嬉しく、先日合わせに伺った際に当時のことを色々と懐かしく思い出しました。

今回はハイドンの小オルガンミサのソプラノのソロ・Benedictusと合唱もお手伝いさせていただきます。
Benedictusはコンサートで歌ったことがあり元々大好きな曲ですし、合唱部分も留学から帰国後しばらく関西に住んでいた頃たまに代行で指導していた合唱団で少し関わったので、今回またこの作品に巡り合えたことに喜びを感じています。
ただ今回はバロックピッチなことと、指揮者の方からとてもゆったりとしたテンポで、とリクエストをされたので、目下訓練中♪
合わせの録音を聴くと、ゆっくりのテンポの方が曲の特性に合っていると私自身も感じたので、緊張して硬くならないように、余裕を持って歌えるように練習をしています。
まだちょっとしんどいですが、本番ではオルガンとの対話を楽しみながら歌えれば良いな、と思っております。

他のプログラムは、同じくハイドンの交響曲第1番、そしてバッハのカンタータ140番です。
3曲とも古楽器を用いての演奏、特にハイドンをバロックピッチでお聴きいただくというのは珍しいので、いつもと違った響きをお楽しみいただけるのではないでしょうか。

入場無料のコンサートですので、大阪・天満教会のお近くにお住まいの方は是非お越し下さい♪



by liedereingang | 2017-03-08 22:09 | 演奏会のご案内